PLATEPIA MOUNTING METHOD
 

IMG-0102 (1)_edited.jpg

“Smallest but greatest performance”

PLATEPIAの取付はプラスドライバー1本で済むので、煩わしさを感じさせることはありません。またビンディングの角度も、直感で判るほどシンプルで、初めての方でも簡単です。

スノーボーディングに余計なものは足さない、しかし不要なものは徹底して除く、そして性能を引出します。


​取付に必要なもの
 

Web用1280x1080ドライバー透過.gif

プラスドライバーの「3」番が必要です。

ドライバー表記は+No3/+Ph3/#3など、「3」であることがが判るものであればほぼ大丈夫です。

スキー場に備えてあるドライバーには「3」以外に「2」が混ざっていることがあり、これを使用すると噛み合いが悪く、ネジが破損するおそれがあります(画像+No1/+No2参照)。

また、取付には安定した場所が必要で、タイルなどの硬い床の上で締めるか、または折り畳み式の固定台があると便利です。


ネジの締めかた
 

ネジ取付対角線説明透過v2.png

任意のネジを起点に、対角線上の順に締めます。

始めは位置合わせの目的で、4か所のネジを8割ほど締めていきます。ビンディングを持ちながら、ネジ穴の位置が均等になるように合わせます。

一般的なネジを締める力の加減は、上から下へ押さえる力が「7割」と回す力が「3割」くらいになるように行うのが良いとされています。

最後はしっかりとネジを完全に締めます。ビンディングを手で持ちながら、左右に動かないことを確認出来たら取付は完成です。

PLATEPIAを初めて使用したときは、ゲレンデでネジの増し締めを必ず行ってください。リフト1本滑り終えた後、ネジをさらに締めることで緩みを排除することが出来ます。


ビンディングおよびブーツとの位置​調整方法について
 

Web用1280x1080ヒールカップ調整概要透過.gif

ターン時に、ブーツのつま先先端部か、踵の後端部に雪面が触れることを一般的に「ドラグ」と言います。引っかかりや減速、エッジが雪面から抜けることで転倒することがあるため、頻繁に起こると問題視されます。

この場合には、ビンディングの「ヒールカップ調節機能」を使います。UNION・DRAKEは、ほぼ全モデルにこの機能があります。​SALOMONは、ジュニア用ビンディングの「The Future」にこの機能があります。

なお、スノーサーフィンやパウダー用などのウエスト幅の太い種類のスノーボードに乗っていればブーツははみ出にくく、ドラグはほぼ生じません。また、ブーツサイズとスノーボードの幅の差が少なければドラグの問題はほとんど生じません。


センタリング調整機能について
 

10D0978A-4F91-4061-A516-7EFD0016AF59_edited.jpg

PLATEPIAは、4x4のセンター取付に絞ることでパワー伝達効率を最優先し、軽快な操作を実現させました。

一般的なセンターディスクは、「センター」から上下又は左右の方向に調整が出来る「センタリング調整」が備わっています。しかし、ディスク自体に偏った歪みが生じることがあります。


UNIONビンディング取付について
 

uNION.jpg

PLATEPIA1.0-U/1.1-Uは、ビスホールの間隔が4cmx4cmの正方形の4x4タイプの「REGULAR DISK」でのみ取付が可能です。ただし、21-22よりリニューアルした「FLITE PRO」と22-23「ULTRA」は新しい仕様「UNIVERSAL DISK」(Ultra専用ディスク)になっておりPLATEPIAの取付はできません。また、「STRATA」「MILAN」などに採用される「MINI DISK」は2x4タイプの仕様のため取付はできません。

☆PLATEPIA1.0-U/1.1-U対応まとめ

・REGULAR DISK 取付○

・UNIVERSAL DISK 取付X

・MINI DISK 取付X

​また2020年以降のモデルには、ビンディング本体のディスクホール内径が小さな個体があります。この場合には画像①②③の順に取付をしてください。まず①クロックをお好みの角度で真上から本体に押し込むようにはめ込みます。次にチタンプレートを装着し、最後にネジを締めてください。