PLATEPIA2.0シリーズ
 

BED57A5C-A6A7-471C-ACA3-97816695AD33_edited.jpg

 

SALOMON 

PLATEPIA2.0-S

7A16F4B9-1A06-4B4A-B928-DB62E0BD7F0B.jpeg

PLATEPIA2.0(P2.0)シリーズはSalomon対応のみとなります。

Salomonビンディングに付属するセンターディスクは外径が標準的なものよりやや小さく、厚みがあり、この特徴を踏まえ、PLATEPIA基本性能との相乗効果が最大に発揮されるように、一からデザインされています。このため、P1.0シリーズとは互換性を持たない新シリーズとしてP2.0が誕生しました。


P2.0の拡張性
 

Web用1280x1080salomon説明用.gif

PLATEPIA2.0(P2.0)シリーズは、P1.0とは異なる拡張性があります。

Salomonビンディングには、Shadowfit搭載モデルとBlaster搭載モデルがあり、足首可動域の広さを求めたり、またはレスポンスを楽しむなどの特長があります。

スノーサーフィン、フリーライディングは、足首の可動域がより自由なShadowfit搭載ビンディングのモデルとの組み合わせにより、足首を使いながら姿勢を低くすることで安定した姿勢を作ることが可能です。

Blaster搭載ビンディングとの組みあわせは、衝撃が強いビッグエアーやスーパーパイプなどの競技に向いています。

​SalomonビンディングGROMカテゴリーでは、「The future」モデルがあり、ジュニアビンディングに対応しております。


ジュニアビンディング使用について
 

77F6C01C-53CA-4C8A-85F0-CB5EF978D017.jpeg

P2.0シリーズの発売で、最も将来性溢れる組み合わせが実現しました。

「The Future」と「PLATEPIA」で、子どもの身体能力を十分に引き出すことが出来ます。

一般的なジュニア用のビンディングのうち、PLATEPIAが使用できるのは、Salomon「The Future」です(21-22シーズン時点)。

「ヒールカップ調節機能」がついているため、ブーツサイズが大きくなる子供の成長に合わせて、XS-S-Mの三段階の調節が出来ます。また、ストラップ(Shadow strap)の調節範囲も広いので、ブーツとビンディングのフィッティングも容易です。

ターンの早期習得に必要なことは足裏感覚と重心移動です。PLATEPIAは物理的に力の伝達に優れるため、上達までの短期化が可能(※)です。また上達した後も性能面では買い替えの必要は特になく、ジュニアクラスの競技にもそのまま使い続けることが出来ることなど、経済的な合理性があります。

​※自社試験データより